不動産の名義変更

1.不動産の名義変更の方法

土地や建物といった不動産を名義変更する際は、不動産所在地の法務局に、必要書類を提出することになります(これを不動産登記といいます)。

ご自分でお手続きいただくことも可能ですが、とても複雑なため、ほとんどの方が登記の専門家である司法書士に依頼されています(本人又は司法書士以外が登記手続きをすることはできません)。

弊事務所では、親切で低料金な提携司法書士をご紹介することが可能です。不動産相続でお困りであれば、是非ご相談ください。

2.登記をしないで放置すると・・・

相続税の申告・納付と異なり、不動産登記の期限はありません。そのため、相続がおきたのに登記をせず、数十年ほったらかしにした場合でも、大きな問題になることは少ないように思われるかもしれません(固定資産税の請求先等の問題がありますが、基本的には大きな問題になることは少ないようです)。

しかし、数十年間放置しておくと、売却や次の相続が起きたときに、困ることになります。弊事務所で実際にあった事例ですが、相続発生から20年程度、不動産登記をしていない方がいらっしゃいました(当時作成した遺産分割協議書に、不動産を記載し忘れていたため、登記も忘れていらっしゃったのです)。

そのため「すぐに登記をした方が良いですよ」とアドバイスを差し上げました。本来であれば、当時の相続人に集まってもらい、再度、遺産分割協議書を作成して署名押印をする必要がございました。ですが、司法書士先生に機転により、他の相続人から追加で署名押印をもらわない方法で、何とか不動産登記をしていただきました。

結果的には大丈夫でしたが、20年経過してから、新たに署名押印してくれ、といわれても、他の相続人様も困ると思います。不動産の名義変更は期限がない、といって先送りにせず、早めにお手続きされることが必要です。

3.費用・報酬について

提携している親切で低料金な司法書士を無料でご紹介させて頂きます。なお、不動産の名義変更には、司法書士への手数料以外に、登録免許税、不動産取得税等がかかります。詳しくはご依頼された司法書士にお尋ねください。

ご依頼・ご相談

  • 初回の相談は無料
  • 地元エリアは出張相談可
  • 相談ご予約で夜間・土曜日面談対応いたします
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応いたします

営業時間:平日10:00~17:00

相談予約で時間外・土日祝日面談対応いたします。

原則初回無料相談です。相談は面談のみとなります。

メールフォームでのお問い合わせはこちら