特定遺贈や包括遺贈とは何ですか?

質問

遺言書を作った方が良いとの友人の勧めにより、遺言書を作ることになりました。
遺言書の書き方、表現について、気をつけることはありますか?

回答

IMG_7986-1.jpg

税理士 石橋將年(いしばしまさとし)

遺言書を作られる際は、

  • 「誰が?」
  • 「どの財産を取得するのか?」

が、誰が見ても分かるように作成してください。
具体的にご説明していきましょう。

相続税理士による実務アドバイス

遺言書の書き方に、決まりはありません。
最低限、書かなければならない事項(遺言者のお名前等)はありますが、それ以外は、ある程度自由に書いて良いことになっています。

ですが、遺言書の最大の目的は、「財産を希望する方に遺す」、ということですから、それを実現できるようにしなければなりません。
具体的には、包括遺贈(ほうかついぞう)ではなく、「特定遺贈(とくていいぞう)」で遺言書を書く、ということです。

私自身、特定遺贈か包括遺贈かで、さんざん悩んだ経験がありますので、その経験を踏まえてご説明させて頂きます。

1.特定遺贈とは?

特定遺贈(とくていいぞう)とは、「Aの財産を長男に渡す」といったように、財産ごとに渡す方を指定する方法です。
イメージすると、次のようになります。

tokuteiizou.png

お金はAへ、自宅はBへ、車はCへといった具合に、財産ごとに個別具体的に指定するのが特定遺贈という方法です。
この方法ですと、財産ごとにもらう方が決まっておりますので、例え相続人ABC同士で仲が悪くても、遺言書通りに淡々と進めることが可能です。

遺言書の文面はつぎのようになります。

1.遺言者はその所有する下記の現金・銀行預金の全てを、遺言者の妻Aに遺贈する。

(現金・銀行預金の具体的な情報)

2.遺言者は、下記の土地建物を、遺言者の長男Bに遺贈する。

(土地建物の具体的な情報)

3.遺言者は、下記の車両車を、遺言者の次男Cに遺贈する。

(車の具体的な情報)

特定遺贈の特徴は、全部または一部を放棄することができる、ということです。

例えば、Aが預金1,000万円のうち700万円だけ受け取るとした場合、残った300万円は特定遺贈の対象から外れ、相続人ABCの3人で遺産分割協議(話し合い)をして、300万円について誰が相続するか決めることになります。

そのため、Aが特定遺贈を全部受けるのか、一部だけ受けるのか、それとも放棄するのか。
決断の期限はありませんが、それだとBとCが困ってしまいます。
ですので法律(民法)では、Aに催促することを認めています。

 

2.包括遺贈とは?

包括遺贈(ほうかついぞう)とは、「全財産の1/2を妻に相続させる」といったように、個別具体的に決めず、財産の割合だけ決める遺言になります。
つぎのようなイメージです。

houkatsuizou.png

遺言書の文面は次のようになります。

遺言者は、その所有する財産全部を、遺言者の妻Aに2分の1、遺言者の長男Bに2分の1、遺言者の次男に2分の1を遺贈する。

このような遺言を包括遺贈といいます。
この場合、その割合に従って話し合いをして、誰がどの財産を取得するか、決めなければなりません。

遺言書の目的は、遺産分割で揉めないようにする、ということが挙げられます。
ですが、包括遺贈ですと、話し合い(遺産分割協議)で、誰がどの財産を取得するのか決めることになりますので、仲が悪いと話し合いが上手くいかないかもしれません。

ですので、包括遺贈による遺言は、できるだけ避けるべきです。

 

特定遺贈か、包括遺贈かが判断できない場合は?

特定遺贈か包括遺贈かで、相続の手続きが変わってきます。

特定遺贈であれば指定された方が財産を受け取るだけです。
これに対し、包括遺贈は、遺産分割協議を開いて、話し合いをしなければなりません。

以前、特定遺贈か包括遺贈か、ベテランの弁護士先生でも判断に迷う遺言がありました。
守秘義務の関係で詳細は省きますが、その遺言書には相続人以外の第三者の名前が書いてありました。
その第三者の受け取る分が、特定遺贈か包括遺贈かで、変わってくるという、極めてまれな遺言書でした。

その遺言書を作られたのは、10年ほど前でした。
遺言書には、
「全財産を換金し・・・(省略)・・・この割合で遺贈する」
とありました。
ですが、その作成当時と、相続開始時とで、財産の内容が変わってしまっていたのです。
具体的には、換金できない財産が出てきてしまっていたんですね。

特定遺贈か包括遺贈かで、第三者の受け取れる財産が違うのです。弁護士先生も相当悩んでおられました。

ですので、このようなトラブルを避けるためにも

  • 遺言書は特定遺贈で作成する
  • 特定遺贈と明らかに分かるような表現にする

ということに、お気をつけください。

 

なお、特定遺贈と包括遺贈については、次の記事も参考になりますので、ご覧ください。

「特定遺贈か、包括遺贈か、それが問題だ。

 

※本記事に関するご質問には、お応えしておりません。予めご了承ください。

 

ご依頼・ご相談

  • 初回の相談は無料
  • 地元エリアは出張相談可
  • 相談ご予約で夜間・土曜日面談対応いたします
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応いたします

営業時間:平日10:00~17:00

相談予約で時間外・土日祝日面談対応いたします。

原則初回無料相談です。相談は面談のみとなります。

メールフォームでのお問い合わせはこちら