埋葬料の請求

亡くなった方が国民健康保険以外の健康保険(健康保険組合、政府管掌保険組合、共済組合等)に加入していた場合は埋葬料が支給されます。
埋葬料を受け取ることができる人は、亡くなった方によって生計を維持していた遺族で、葬儀を執り行った人(喪主)です。
金額は標準報酬月額の1ヶ月分で、最低でも10万円を受け取ることができます。
被保険者に身寄りがいない場合などで友人あるいは雇用者等が費用を負担して葬儀を行った場合には、負担した人が埋葬料を受け取ることができます。
埋葬費は埋葬料の範囲となり実費になります。亡くなった方が被保険者の扶養家族であった場合にも、被保険者は家族埋葬料10万円を受け取ることができます。
埋葬料は、申告制ですので、必要な書類を用意して社会保険事務所あるいは健康保険組合に申請をします。

申請期限

亡くなってから2年以内

必要書類

①健康保険証
②健康保険埋葬料請求書
③埋葬許可証あるいは死亡診断書の写し
④印鑑
⑤振込先の口座番号
遺族以外の方が申請の手続きを行う場合には葬儀費用の領収書も必要となります。

健康保険埋葬料支給申請書.gif

ご依頼・ご相談

  • 初回の相談は無料
  • 地元エリアは出張相談可
  • 相談ご予約で夜間・土曜日面談対応いたします
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応いたします

営業時間:平日10:00~17:00

相談予約で時間外・土日祝日面談対応いたします。

原則初回無料相談です。相談は面談のみとなります。

メールフォームでのお問い合わせはこちら