なぜ測量しないと問題になるのですか?

IMG_7986-1.jpg

税理士 石橋將年(いしばしまさとし)

相続問題と一口に言っても、色々な問題があります。
そのうちの1つに、「測量の問題」があります。

きちんと測量をしておきませんと、後々、大変な問題になることもあります。
そこで今回は、測量とは何なのか、なぜ測量が大切なのか、順を追ってご説明していきましょう。

測量とは何ですか?

測量とは、簡単に言いますと「土地の大きさと形をはかる」ということです。

測量の結果、次のような測量図ができあがります(法務局が作成した見本になります)

地積測量図.jpg

これは「確定測量図」というものです(以前は三斜測量(三角をいっぱい作って面積を測る方法)が主流でしたが、機材の進歩により座標(XY)で測量図を作ることが可能となりました)。

この確定測量図ですが、この土地のお隣さん全てと境界を確認しませんと作れません。

不動産を売買する際は、確定測量図が必要になることが多いです(物納の際は必ず確定測量図が必要となります)。
ですが、後でご説明するように、確定測量図を作るには、とても手間がかかります。
そのため、「現況測量図」といって、境界の確認を一部省略した測量図を作ることもあります。

ちなみに、確定測量図を作りますと、法務局に登録され、半永久的にデータは残ります。ですから、測量をするのであれば、確定測量図を作成する方が好ましいでしょう。

なお、測量を仕事とされている方は、土地家屋調査士と測量士、両方いらっしゃいますが、我々がお願いするのは「土地家屋調査士」の方になります。

 

確定測量図を作る際の手順は?(測量手続きの難しさ)

確定測量図を作るためには、以下の手順が必要になります。

(この他にも細かな手順があるのですが、詳細は土地家屋調査士の先生にお尋ねください)

(1)お隣りさんに挨拶する

まずはお隣さんに挨拶します。なぜ挨拶するかといいますと、隣地確認(自分とお隣さんとの境界を確認する)をするためなんですね。喧嘩していたら確定測量図は作れません。

(2)境界杭を確認する

確定測量図には、杭の種類も書いてあります。「金属プレート」や「コンクリート」といったようにです。杭がありませんと、お隣との境界がわかりません。古い杭は損傷が激しいため、交換する必要があるかもしれません。その場合は杭を復元する必要があります。

(3)隣地確認に立ち会う

自分の土地と、お隣さんとの土地との境界について、両者と土地家屋調査士が立ち会って確認する必要があります。確認したら、その証拠として「境界確認書」を作り、署名押印します。

なお、お隣さんが一般の方であればあまり問題にはなりませんが、お役所であれば問題になります。例えば道路に面している土地です。道路は国や市がもっています。この役所とも境界確認をする必要があるのです。これを「官民査定」といいます。お役所との境界確認は2ヶ月~3ヶ月くらいかかりますので、早めに手続きされた方がよいでしょう。

(4)必要書類を揃えて法務局に申請する

申請書に加えて、境界確認書(お隣さんからの署名押印済みの書類)といった書類も必要になります。

これらは、土地家屋調査士の先生にお任せしましょう。

 

早めに測量をしましょう!

一番問題になるのは、「お隣さんがハンコを押してくれない」こと、「官民査定」の2つになります。

特にお隣さんがハンコを押してくれないのはやっかいです。
弊事務所のお客様であった事例ですが、お隣さん(高齢の女性)に隣地確認のハンコをお願いしたところ、
「昔、めくらばんを押してだまされたことがあるの。だから押さないわ」ということで、確定測量図を作れなかった事例がありました。

お隣さんは選べませんので、常日頃から、きちんと挨拶するなりして、良好な関係を続けていくことが大切です。

さらに言いますと、お隣さんに相続が発生した場合は、その方の相続人からハンコをもらう必要がありますが、その方が遠方にお住まいの場合は、難しくなります。

さらにさらに、自分と隣地の方、双方に代替わりが発生してますと、お互い面識がありませんから、なかなかハンコももらいずらくなります。

測量をしていないと、売却も物納も難しくなります。まだ測量をされていない方は、早めに(できれば相続発生前に)確定測量図を作っておきましょう!

 

※本記事に関するご質問には、お応えしておりません。予めご了承ください。