誰が1人が相続税を払えなくなったら・・・?

IMG_7986-1.jpg

税理士 石橋將年(いしばしまさとし)

相続税の増税が騒がれております。ですが、相続税を払えない場合はどうなるのか、皆様あまりご存じないかと思います。今回は相続税を払えないとどうなるかについてご説明していきたいと思います。

相続税はもらった財産の割合で按分して払います

相続税は原則として各相続人がもらった財産の割合で払うものとされています。相続税が1,000万円の場合で、相続人が2人、それぞれ半分ずつ財産を貰ったのであれば、500万円ずつ相続税を支払うことになります。

誰が1人が払えない場合は?

上記の場合、1人が相続税500万円をきちんと払い、もう1人が払わなかった場合、どのようなことになるのでしょう?まずは税務署から払っていない方あてに「相続税500万円を払ってください」という督促状が届きます。それでも払わない場合は、既に支払っている方へも督促状が送られてくるのです。これが「相続税の連帯納付義務」という制度です。

全員が相続税を払ったか確認しましょう!

税理士に相続税の申告を依頼した場合、最後に相続税の納付書を渡され、「期日までに納付してください」と言われます。ですから、普通の方であれば、期限までにきちんと銀行に行って相続税を納付します。ですが、中にはきちんと払わない方も、ごくまれにですがいらっしゃるのです。その方が払わない場合は、他の方が相続税を肩代わりすることになってしまいます。

税理士の方からも「誰がお一人が払わないと、他の方が肩代わりすることになってしまいます」とお伝えするようにしていますが、皆様初めての事ですので、なかなかご理解頂けない場合もございます。そのようなことにならないよう、疑問点があれば、どんどん税理士にご質問頂いた方が良いかと思います。

贈与税にも連帯納付義務があります

上記のように、相続税は連帯納付義務という制度があります。ですが、贈与税にも連帯納付義務の制度があるのです。具体的には、受贈者(財産をもらった方)が贈与税を支払わなかった場合は、贈与者(財産をあげた方)が贈与税を支払う必要があるのです。そのため、贈与をする場合は、財産を貰った方が、きちんと贈与税を払えるかまで心配してあげなくてはいけません。

お金を贈与した場合は、もらったお金から払えば良いから問題ありません。ですが、株式や不動産を贈与された場合は問題です。贈与税はお金で払わなければいけませんから、その贈与税分のお金を別途用意しておく必要があります。ご注意ください。

 

相続税や贈与税は、法人税(会社の税金)や所得税(個人の税金)と違って、特殊な税金です。大きな財産をもらった、もらいそう、そのような場合は、事前に相続税に詳しい税理士にご相談して頂いた方が良いかと思います。くれぐれもご注意くださいね。

※本記事に関する無料相談はお受けしておりません。あらかじめご了承ください。